第24回ユーオーディア賛美の夕べ 終了!!

ハレルヤ!

7月29日(土)に、東京オペラシティ コンサートホールで開催された「第24回ユーオーディア賛美の夕べ」は、大盛況のうちに終了いたしました。

今年は指揮者として、台湾より金希文氏をお招きしました。プログラムの一曲目は、金氏がユーオーディアの為に作曲した合唱曲、「キリストの香り」でした。

続いて、菅野万利子氏(ピアノ)が、ラフマニノフの名曲「ピアノ協奏曲第2番ハ短調」を演奏しました。力強く、希望に溢れた演奏でした。

休憩後は、工藤美穂氏(ヴァイオリン)による、Seed of Eternal Love(金希文作曲)の歌心豊かな演奏で始まりました。

そして、柳瀬佐和子氏による合唱曲を3曲(「暗闇に光」、「君もそこにいたのか」、「ほふられた小羊」)を、天地創造からキリストの再臨までを一つのドラマとした組曲としてお届けしました。組曲の終わりには、讃美歌「こひつじをば」を聴衆の皆様と共に賛美しました。

アンコールは、恒例の「Holy, Holy, Holy」の大合唱でした。1,600名による賛美が、会場中に響き渡りました。

多くのご来場とご支援を賜り、誠にありがとうございました。

次回「第25回ユーオーディア賛美の夕べ」は、8月3日(金)を予定しています!