【報告】 2019年9月13日 池田実結/武田真有デュオリサイタル

ハイドン:ピアノトリオ「ジプシー風」

9月13日(金)ルーテル市ヶ谷ホールにて、ユーオーディア・ミニストリー企画の「福音リサイタルシリーズ」より「池田実結/武田真有デュオリサイタル~愛の言葉、愛の祈り~」が持たれました。ヴァイオリンとチェロの二人の姉妹と、ピアノの加賀都喜乃姉による、三重奏、二重奏、独奏などバリエーションに富んだプログラムとなりました。後半では武田真有姉の信仰の証しが語られ、最後は「アメイジング・グレイス」の賛美で締めくくられました。

信仰の証し
アンコール「主は今生きておられる」「主の祈り」

曲目

ハイドン:ピアノ三重奏 第39番 「ジプシー風」
シューベルト:アルペジョーネとピアノのためのソナタより 第1楽章 
フランク:ヴァイオリンとピアノのためのソナタより 第3、4楽章

ハルヴォルセン:ヘンデルの主題によるパッサカリア 
クライスラー:祈り(ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番)
モリコーネ:ガブリエルのオーボエ 
カサド:愛の言葉 
讃美歌:アメイジング・グレイス

(写真/清水眞理 )