【報告】2021年7月17日「第27回 賛美の夕べーHOPEー」

昨日7月17日、東京オペラシティコンサートホールタケミツメモリアルにて、「第27回 ユーオーディア 賛美の夕べーHOPEー」が行われました。皆さまの沢山のご来場、こころより感謝いたします。

コロナ禍の開催ということで、来場の皆様に検温・手指消毒のご協力、その他様々な制限がある中での開催となりました。

 

第一部は、ジョン・ラッターの美しい賛美から始まりました。この世の全てを創造された主を賛美します。「このうるわしき大地に」「素晴らしきもの全てを」「永遠の花」

 

東日本大震災から10年の節目、2011年「絆」をテーマにクラリネットオーケストラのため作曲された「KIZUNA」が管弦楽版として初演。美しい日本の風景と、ローマ書5:5『この希望は失望に終わることがありません…』のみことばがベースになった後半部。

 

加賀清孝作曲「見えるものよりも(合唱付き版)」2019年「第26回 賛美の夕べ」のソリスト坂井田真実子さんが合唱の中でのソロ『…新しいいのちが 希望に輝いている…見えるものよりも 見えないものに… いつまでも残るものに 私は目を留める』と歌います。オルガン席からは、ハイソプラノのメンバーがオブリガートを響かせて。

第一部最後は広く愛され歌われるプレイズソング「主イエスをほめよ」(加賀清孝編曲)

 

第二部は、今回のために世界的作曲家金 希文氏が作曲された新曲「Eternal Hope 永遠の希望」が高橋薫子さん(ソプラノ)加賀清孝さん(バリトン)のソリストと管弦楽によって初演されました。新・旧約聖書からとられたみことばによって、人の罪、暗闇の中にあるこの世、しかし本当の希望が主キリスト・イエスにのみあるというメッセージが迫ってきます。『主の慈しみは絶えることがない! 憐みは尽きることがない! それは朝ごとに美しい』

 

最後は、高橋薫子さんのソロと合唱で、柳瀬佐和子作曲「神はそのひとり子を」そして讃美歌「静けき河の岸辺を」(柳瀬佐和子編曲)を歌います。主にある平安が、来場された方々にあるよう祈ります。

 

東日本大震災から10年の節目、「絆」と「希望」をテーマのこのコンサートが企画されました。緊急事態宣言下にあっての開催の難しさはありましたが、主にある永遠の希望の賛美をオーケストラと合唱が一つとなってささげられたことを感謝しました。

毎年、最後の全体賛美「Holy Holy」を楽しみに来場される方も多くいらっしゃいますが、今年は残念ながらそれができませんでしたが、最後はジョン・ラターが東日本大震災をしのんで作曲した「永遠の花 A Flower Remembered」を演奏し、感謝のうちに「賛美の夕べ」が終了しました。