菅野 万利子/ピアノ

Mariko Kanno/ Piano

京都に生まれる。相愛大学音楽学部を経てインディアナ大学音楽学部卒業。  アメリカ、ドイツ、ハンガリー、スウェーデンにて研鑽を積む。第45回 日本音楽コンクール入選。第24回文化放送音楽賞受賞。NHKオーディション入選。関西での幅広い演奏活動により「大阪文化祭賞」「大阪市咲くやこの花賞」を受賞。相愛大学講師を経て、5年間の香港生活の後、現在は東京を拠点に多彩なレパートリーを持つピア京都に生まれる。相愛大学音楽学部卒業。第45回日本音楽コンクール入選、第24回文化放送音楽賞、NHKオーディション入選。アメリカ・インディアナ大学アーティストディプロマにてGyorgy Sebok、室内楽をJanos Starkerに師事し、フランス、ドイツ、ハンガリー、スウェーデンにて研鑽を積む。帰国後、相愛大学講師を務め、幅広い演奏活動により「大阪文化祭賞」「大阪市咲くやこの花賞」を受賞。尾高忠明氏、外山雄三氏指揮の京都市交響楽団、大阪フィル等と協演。35歳で母の病気や子育てを通してキリストに出会う。ユーオーディア管弦楽団、台湾音契管弦楽団とラフマニノフ第2番を協演。古典から現代まで広いレパートリーを持ち、東京を拠点に国内外にて心なごむトークコンサートでキリストの愛と喜びを届けている。TVライフ・ライン、FEBC放送に出演。 教文館よりソロCD “Rejoice” をリリース。ユーオーディア・アカデミー講師。JECA永福南キリスト教会員。

TV「ライフ・ライン」菅野万利子特集

♪輝く日を仰ぐとき

CD「Homing」
CD「Bless you…」
CD「ボーン・アゲイン」

第26回 ユーオーディア賛美の夕べ 「ラフマニノフ協奏曲第2番」演奏